宅配水の仕組み(配達される水とウォーターサーバー)

会社によってボトルの種類・最低配達本数が違う!

水

宅配水の仕組みの中で基本となるのが水。容器を回収に来る会社もありますが、現在ではお客様で捨てるのが一般的。また、かさばらないように、簡単につぶせて捨てれるパック型の水を宅配する会社が増えています。

さて、肝心の配達方式なのですが、会社ごとで一回に配達する本数が違うのがポイント。ホームページにはボトル1本~円とありますが、実際には配達は2本でワンセットという場合がほとんど。水をよく使う方であれば問題ありませんが一人暮らしでそれほど利用がない場合には水が余ってしまうこともありますよね。ただ、現在では配達を1本からしてくれる会社も増えています。

もう一つ注意したいのが月のノルマ。長期で不在・お水がまだ残っている等、配達を中止したい場合、宅配会社ではスキップと呼ばれる配達を一時停止することができるシステムがあります。ただし、2ヶ月連続で停止する場合は、約1.000円の手数料が発生するのが一般的。契約の際は気をつけておきたいポイントです。

お水と一緒についてくるおしゃれなウォーターサーバー!

ウォーターサーバー

忘れてならないのが宅配水に申し込むと必ずついてくるウォーターサーバー。ウォーターサーバーの目的は、空気中のゴミや埃等が水に侵入するのをブロック・冷水・温水がすぐ利用可能・ガス代・水道代の節約といった様々なメリットがあります。ウォーターサーバーの料金はほとんどの会社で無料。ただし、これは無料レンタルとして提供されているので契約が終わった場合は返却になります。現在では、デザイン性や省エネに優れたサーバーが無料で提供されているので選べるバリエーションが豊富です。

宅配水のルール

宅配水の正しい選び方.ココがポイント!

格安アピールに惑わされるな.利用人数・目的で選ぶのが一番経済的!

肝心なのは何人で利用・どれくらいの水の量(飲み水としてのみなのか料理にも利用するのか等)が必要か。それによって、サーバー代が有料でも1人暮らしの月コストはより格安になる会社や、逆に大人数で使えば使うほど安くなっていく会社もあります。一見どの宅配会社も格安をアピールして同じように見えますが、簡単に契約してしまうと後悔する原因に。自分のライフスタイルに合う会社を選ぶことが一番経済的に選ぶコツです。

料金だけじゃなく顧客サービスも大切!

いくら経済的でも顧客サービスは大切な要素。会社によって、ボトルの回収方法や配達方法(時間指定が可能・不可等)に違いがあります。また、ご高齢や女性の方ですとウォーターサーバーにボトルを設置するのが大変等といったことも。会社によってはボトルを下に設置できるサーバーや軽い量のボトルに改良している会社も増えてきています。せっかく契約したのに、それがストレスになるのは避けたいもの。料金だけでなく、多少割高になったとしても自分に必要なサービスを提供している会社を選ぶことも大切です。

最低契約期間・違約金も事前にチェックしておきましょう!

ほとんどの宅配会社には、最低利用期間と解約金があり平均1年未満で約5.000円前後が発生します。もちろん、会社によっては半年以内で3.000円前後だったり、一切解約金が発生しない会社もあります。こうした料金はパッと見、ホームページの目立つ場所には表示されていないのが常。あとでトラブルにならないためにも、契約する前には必ずこうした項目を確認するようにしましょう。

あたなにぴったりの宅配水はどこ?利用人数で選ぶ宅配水.

一人 3~5人 大家族・オフィス